Cloud LoadBalancingメモ

GCP

はじめに

Cloud LoadBalancingの試験用メモ

Load Balancingの種類

引用元

Concepts  |  Load Balancing  |  Google Cloud
項目内容
内部HTTP(S)負荷分散Google Cloud 内部 HTTP(S) 負荷分散は、プロキシベースのリージョンのレイヤ 7 ロードバランサです。内部 IP アドレスの背後でサービスを実行し、スケーリングできます。
内部 HTTP(S) 負荷分散は、Compute Engine と Google Kubernetes Engine(GKE)でホストされているバックエンドに HTTP/HTTPS トラフィックを分散します。ロードバランサには、内部 IP アドレスを使用して Virtual Private Cloud(VPC)ネットワークの特定のリージョンでのみアクセスできます。
外部HTTP(S)負荷分散Google Cloud HTTP(S) 負荷分散は、プロキシベースのグローバルなレイヤ 7 ロードバランサであり、単一の外部 IP アドレスの背後でサービスをグローバルに実行、拡張できます。外部 HTTP(S) 負荷分散は、Compute Engine と Google Kubernetes Engine(GKE)でホストされているバックエンドに HTTP および HTTPS トラフィックを分散します。
内部TCP/UDP負荷分散Google Cloud 内部 TCP / UDP 負荷分散はリージョン単位のロードバランサであり、内部仮想マシン(VM)のインスタンスのみにアクセス可能な内部負荷分散 IP アドレスの背後でサービスの実行とスケーリングを行うことができます。
内部 TCP / UDP 負荷分散は、プライベートの内部 IP アドレスを使用して、Virtual Private Cloud(VPC)ネットワークの同じリージョン内の VM インスタンス間でトラフィックを分散します。
外部TCP/UDP ネットワーク負荷分散Google Cloud の外部 TCP / UDP ネットワーク負荷分散(以降はネットワーク負荷分散と呼びます)は、リージョンのパススルー ロードバランサです。ネットワーク ロードバランサは、同じリージョン内の仮想マシン(VM)インスタンス全体に TCP または UDP トラフィックを分散します。
外部SSL プロキシ負荷分散SSL プロキシ負荷分散は、インターネットから送信された SSL トラフィックを Google Cloud VPC ネットワークの仮想マシン(VM)インスタンスに分散するリバース プロキシ ロードバランサです。
(オフロードしてくれるイメージ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました