GCP Stackdrive オペレーションスイート メモ

GCP

はじめに

Stackdriverは旧称で今はオペレーションスイートという名称になっている。
オペレーションスイート(Stackdriver)はサービスの集合で、複数の製品から成り立っている。

Stackdriverオペレーションスイート概要
Stackdriver MonitoringCloud MonitoringGCPとAWSのためのフルスタックモニタリング
Stackdriver LoggingCloud Loggingリアルタイムでのログの管理と分析
Stackdriver Error ReportingError Reportingアプリケーションエラーを特定して把握
Stackdriver DebuggerCloud デバッガ本番環境におけるコードの動作を調査
Stackdriver TraceCloud Traceパフォーマンスのボトルネックを検出
Stackdriver ProfilerCloud ProfilerCPU、時間、メモリ消費のパターンを識別

Cloud Monitoring

概念  |  Cloud Monitoring  |  Google Cloud

以下はBigqueryのダッシュボードの例

自分でダッシュボードをカスタマイズすることもできる。
Compute Engineのリソース監視ダッシュボードを試しに作成してみた例

Cloud Monitoringは複数のプロジェクト、AWSのプロジェクトも管理ができる。
(旧製品のStackdriverはもともとはGCP製品ではなく、他社の管理製品だったため?)

HTTPに対する、レスポンスチェックを作成することも可能。

作成すると、いろいろな地域から稼働確認を行ってくれる。

Cloud Monitoringのアラートでは、アラートのポリシーを定義できる。
取得した情報から閾値を超えたら通知といったことが設定できる。

Cloud Logging

コンセプト  |  Cloud Logging  |  Google Cloud

Cloud Loggingでは、GCP、AWSからのロギングデータとイベントの保存、検索ができる。
また、モニタリングやアラートといったことも可能。

利用可能なログ

項目内容
GCPのログ
ユーザーログユーザーのソフトウェア、サービス、アプリによって生成されたログ。
Logging エージェント、Cloud Logging APIとかを使用して、
Cloud Loggingに書き込まれる
セキュリティログ監査ログ
アクセスの透明性ログ
マルチクラウドと
ハイブリッドクラウドのログ
AzureやAWSから取り込まれたログ

Cloud Loggingではログ保存用のバケットが標準で準備されている。
バケットはログストレージから確認することができる。

GCEインスタンスにはLoggingのエージェントが組み込まれているため、デフォルトでログを取得してくれている。

関連する記事

Error Reporting

hoge

Cloud デバッガ

hoge

Cloud Trace

hoge

コメント

タイトルとURLをコピーしました