GCP GKE マルチゾーンとシングルゾーンを試してみた

GCP

前提知識

GKE クラスタはノード、ノードプールから成り立つ。

ノードプール
クラスタ内で同じ構成を持つノードのグループです。

クラスタの作成時に指定したノード数とノードタイプがデフォルトのノードプールになります。
その後、クラスタに別のサイズやタイプのカスタム ノードプールを追加できます。
特定のノードプール内のノードはすべて同一になります。

ローカル SSD、最小 CPU プラットフォーム、プリエンプティブル VM、特定のノードイメージ、
またはさまざまなマシンタイプを使用して、クラスタ内のノードプールを作成できます。
カスタム ノードプールは、他より多くのリソース(メモリやローカル ディスク容量など)を必要とする Pod をスケジュールする必要がある場合に役立ちます。

ノードプール  |  Kubernetes Engine ドキュメント  |  Google Cloud

シングルゾーンクラスタ

ノードプールのゾーンが単一のゾーンで構成されている。

マルチゾーンクラスタ

ノードプールのゾーンが複数のゾーンで構成されている。

クラスタ構築コマンド

$ gcloud container clusters create example-cluster \
     --num-nodes 2 \
     --zone us-central1-a \
     --node-locations us-central1-a,us-central1-b,us-central1-c

コメント

タイトルとURLをコピーしました