AWS Summit 2020 AWS-01 データベース備忘録

AWS

はじめに

AWS Summit 2020で学んだことの備忘録。
視聴したセッションは以下となります。
AWS-01:今だからこそ知りたい、AWSのデータベース 2020 基礎

AWS セッション
AWS セッションを技術カテゴリ別に配置しています。また、おすすめセッションをピックアップし、トップに置いています

マネージドサービス

従来のデータベースの運用は負荷が大きかった。
パフォーマンス、高可用性、キャパシティプランニング、セキュリティとかとか。
本当は、スクリプティング、コーディング、パフォーマンスチューニングといった、付加価値が大きいところに注力をしたい。

AWSマネージドサービスだとAWSにお任せできる運用範囲が広い。
AWSのデータベースサービスもマネージドサービスである。
なので、利用者は本来のお仕事、スキーマ設計、クエリの構築・最適化に注力できる。

Purpose built

AWSのデータベースサービスはデータベースに合わせて色々な種類が存在する。
今だと7つのデータモデルに合わせてサービスが存在する。

  • リレーショナル
  • キーバリュー
  • ドキュメント
  • インメモリー
  • グラフ
  • 時系列
  • 台帳
  • ワイドカラム

2020年現在では、使い方に応じて、データベースの選択が可能。
Purpose built DBによって、目的に応じて、適材適所の選択が可能。

リレーショナル以外のデータモデルはいわゆるNoSQL。

Amazon Relational Database Service

リレーショナルデータベースのサービス。

以下の6つのデータベースエンジンから選択が可能。

  • Amazon Aurora
  • MySQL
  • PostgreSQL
  • MariaDB
  • Microsoft SQL Server
  • Oracle

Amazon DynamoDB (キーバリュー)

キーバリュータイプデータベースのマネージドサービス。

Key-Valuタイプ:
キーとバリューという1:1のシンプルな構造のデータ。

キーバリュータイプの拡張としてワイドカラムというタイプもある。
オープンソースで有名なところだとCassandra。
Cassandra互換のAmazon Keyspacesというデータベースサービスもある。

Amazon DocumentDB (ドキュメント)

ドキュメントDBではJSON、XMLで書かれたデータを扱うことができる。
ドキュメントDBとしては、MongoDBがある。

Amacon DocumentDBは、マネージド型のMongoDB互換のデータベースサービス

Amazon ElastiCache (インメモリ)

ゲームのリアルタイムランキングとか、マイクロレベルのレイテンシが求められるDB。
データベースの処理をメモリ上で処理することで低レイテンシとなる。

Amazon Neptune (グラフ)

データ間を相互に結び付けてデータ同士の関係をグラフで表すことにフォーカス。
多対多を表現する。SNSの関係性とかに使われたりする。

リレーショナルデータベースでも実現は可能だが、処理やクエリが複雑となってしまう。
グラフデータベースでは、多対多の関係性に特化したDB。

ミリ秒のレイテンシで数十億の関係を参照可能。

Amazon Timestream (時系列)

時間が唯一の主軸となっている。
アプリケーションやIoTセンサーのデータとかの記録、分析に利用される。

こちらもリレーショナルデータベースで実現は可能だが、苦手な分野となる。

Amazon Quantum Ledger Database (台帳)

イミュータブルなデータ。
変更や削除がされていないことを保証できるデータベース。

変更記録をハッシュとして保持しており、データベースの改ざんを検証できる。
銀行の取引記録といったところに利用されている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました